びわ湖の日って? 野洲のおっさんとは? 行脚のルール 応援スポンサー チーム野洲のおっさん テーマ曲「てくてくカイツブリ」 過去の行脚

びわ湖の日の始まりは母の愛でした。
1977年、びわ湖に赤潮が発生。心を痛めたお母さんたちが
「多少不便でも粉石けんで洗濯してびわ湖を守ろう」と石けん運動を呼びかけました。

1980年7月1日、滋賀県は琵琶湖富栄養化防止条例を施行。
翌年7月1日をびわ湖の日と定めました。
そして赤潮発生の原因の一つ、有機リン合成洗剤が全国から消えたのです。
今でも「7/1びわ湖の日」になると
びわ湖一斉清掃を行うなどびわ湖について考え行動する日として
県民に親しまれています。



野洲のおっさんは、
2011年 7月1日、びわ湖の日制定30周年の年から 毎年びわ湖1周歩いてきました。
いよいよ2020年の今年は10周目です。

びわ湖はその昔「におの海」と呼ばれていました。
にお(鳰)とは、カイツブリのことです。
そのカイツブリの野洲のおっさんが、 今年もびわ湖をぐるっと歩いてまわって
滋賀県中の皆さんに会いに行きます。

この行脚の模様は、
びわ湖放送 「6時だよ!知ったかぶりカイツブリにゅーす (月ー木夕方6時~)」にて数か月にわたって放送します。




 

企画運営:アミンチュプロジェクト びわ湖放送藤井組